Physical Chiropractic

●私が施術致します。

皆さんこんにちは。

いくぼカイロプラクティック院の院長、伊窪と申します。

当院の看板には「腰痛」と言う文字はありません。

「肩こり」「神経痛」といった文字もありません。

そういった特定の症状・疾患を対象とした場所でもありますが、

いくぼカイロプラクティック院でお手伝いをさせて頂くことはただ一つ。

「皆さんの自然治癒力を取り戻すお手伝いをする」

事に尽きます。

誰もが「腰痛」や「肩こり」、「神経痛」など、目の前の症状に意識を向けてしまいます。

ですが、私はその奥にある神経のバランスの狂いを早く整えてあげるべきだと考えているのです。

勿論、目の前の痛みを取り除く事はまず最初に行います。

ですが、やはり大切にしているのは「神経伝達の正常化」であり、

その先にある「自然治癒力の回復」なのです。

●施術は全て私自身の手仕事です。

当院は私が一人でしている小さなカイロプラクティック院です。

助手もいなければ、機械もありません。

施術は全て私自身による手技となります。

• 1.患者さんの痛みを取り除く事

• 2.自然治癒力を取り戻す事

この二つに拘っているのが当院です。

お蔭様で症状問わず、沢山の方の健康のお手伝いをさせて頂いておりますので、何か身体に不調を感じた際にはお気軽にご相談下さい。


いくぼカイロプラクティック院の手技について

当院の手技は大きく分けて二つです。

1.カイロプラクティック(Chiropractic)療法

2.理学的(Physical)脊椎調整療法

となります。

どちらの施術もソフトな手技療法となりますので、ご安心下さい。


1.カイロプラクティック(Chiropractic)療法について

施術者の「手」によって、神経圧迫の原因となっている後頭骨、椎骨や骨盤の歪みを取り除き、

全身を巡る神経伝達を正常化させる手技療法です。

神経伝達が正常化することによって、脳から出される指示がしっかりと身体の隅々まで届き、身体に起こっている問題を自律的に改善・回復可能な状態へと身体が戻ります。

つまり、「自然治癒力の回復」です。

カイロプラクティックとは、神経圧迫などの原因によって滞ってしまった「自然治癒力」の循環を取り戻す事によって、自律的に身体の異常を回復できるように身体を導く手技療法なのです。


●『呼吸』を整える事を重要視しています。

カイロプラクティックと言えば、「スラスト」「アジャスト」に代表される骨格矯正をイメージされる方が多いかと思いますが、当院では、「呼吸を調整する」事を特に重要視しながら、神経圧迫の原因を取り除き、自然治癒力の回復を促進します。

2.理学的(Physical)脊椎調整療法について

関節の可動性を整える事を目的とした理学的な調整法です。

身体が十分に「しなる」という事は健康の必要条件です。

ですが、どんどん身体を動かす機会を失っていく現代社会では、特定の関節以外はどんどん固くなり、「しなり」を失ってしまっています。

ですので、いくぼカイロプラクティック院では、自然治癒力の促進と共に関節の可動性・運動性をしっかりと取り戻し、バランスの取れた身体を取り戻すお手伝いをしています。

しなる身体」とは筋肉が活き活きとしている身体です。

そして、筋肉が活き活きとしている身体とは、「自然治癒力が溢れている身体」という事なのです。

いくぼカイロプラクティック院では、一層の健康生活をおくって頂く為に、理学的脊椎調整法によって、身体の柔軟性を取り戻し、「しなり」を取り戻すお手伝いを致します。

●「症状」とは「結果」であって、「原因」ではない

いくぼカイロプラクティック院には様々な症状でお悩みの方が来院されます。

• 腰痛 ・ 肩こり ・ ぎっくり腰 ・ 坐骨神経痛

• 膝痛 ・ 股関節の痛み ・ 足首の痛み

• 片頭痛 ・ 首の痛み ・ 肩関節の痛み ・ 痺れ

やはり、患者様は「自覚症状」に意識が向かってしまう為、

「とにかく痛みを何とかして欲しい」

「どうしてこんなに調子が悪いのかわからない」

「自分の身体は何が悪いんだろう・・・」

と来院される方が殆どです。

ですが、いくぼカイロプラクティック院はこれらの各症状は、自然治癒力の低下による「結果」に過ぎないと考えています。

つまり、「腰痛」「肩こり」「膝痛」などは、痛みというメッセージが出る部位によって分けられたものに過ぎず、その発症過程においては、「自然治癒力の低下」という共通の原因が潜んでいると考えているのです。

ですので、いくぼカイロプラクティック院は、あくまで「低下した自然治癒力」を回復させることを目的に施術を致します。

自然治癒力が低下したままだと、身体を幾ら調整しても、結局は僅かな心身の負担で同じ症状が戻ってきてしまうのです。

ただし、ご安心下さい。

「痛み」を取り除く事は当たり前の事。

と考え、まず最初に行います。