カイロプラクティックは
3段階からなります。

• 1.集中手技療法段階

• 2.復元段階

• 3.保全段階

この途中で施術を止めてしまいますと、症状が戻ってしまう可能性が高くなりますので、できるだけ納得して頂いた上で、「保全段階」まで通院を続けるようにしてください。

勿論 都度身体の状態についてはご説明致しす。

「急がば回れ」ではありませんが、結局はそれが健康への最短距離なのです。

1.集中手技療法段階

いくぼカイロプラクティック院での施術第一段階の目的は
「脊柱と神経系にある亜脱臼を矯正、軽減する」
事にあります。

この第一段階の「集中手技療法段階」では、

• 身体の痛み

• 身体のだるさ

• 軽い発熱

• 気分が悪くなる

• 些細な事でストレスを感じてしまう

といった、身体の変化が起こります。

これは「好転反応」と呼ばれる変化で、身体にとって「改善の兆し」です。

とはいえ、自覚症状としては「体調が悪くなった?」と感じてしまうものに違いはありません。

いくぼカイロプラクティック院では、この「好転反応」が出てこないように、また起きたとしても最小限の反応でおさまるように努めますが、あくまで施術の目的は「亜脱臼の調整」です。

「最短距離でこの第一段階を抜けるのが最善」

といくぼカイロプラクティック院は考えています。

とにかく亜脱臼の調整も好転反応も早く解決するにこしたことはないのです。

身体に起こる問題は、殆どの場合長年の蓄積が原因です。

ですので回復は一朝一夕に実現するものではないケースが非常に多いです。

とにかくカイロプラクティック手技療法を確実に受けて、
生活様式も変えてこの初段階が早く終われるようにして下さい。

2.復元段階

2段階目「復元段階」の目的は
「脊柱の調整・矯正効果の長期維持」
となります。

この段階では、第一段階で出ていた好転反応が消失あるいは軽減します。

ただし、油断は禁物です。

以前より改善したからといって通院を怠らず、第三段階へ向かって施術を受け続けて下さい。

ここで「もういいかな」と通院を止められると、慢性化するケースが多く見られます。

この復元段階は、「回復」しつつある段階であり、
決して「回復した」状態ではないのです。

3.保全段階

最後の第三段階の目的は、
「カイロプラクティックの調整の持続」
となります。

ゴールはもう目の前です。

この段階を迎えますと、脊椎が安定し、ストレスや負荷等にもしっかりと対処できるだけの「ゆとり」が心身に定着します。

そう、問題の本質は外からの負荷・ストレスにあったのではないのです。

受け流せるものを受け流せなくなっていた身体の中に、「問題の本質」があったのです。

ですが、もう大丈夫です。

保全段階に入った後は、通院ではなく、
自宅での予防に取り組んでください。